院長ブログ

ペンシルバニア大学研修 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

おはようございます。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
日本は夜だと思いますがこちらは朝です。
と言いますのも私は今アメリカはペンシルバニア大学に研修に来ております。
毎年の様にアメリカに来て研修を受けてきております。
ニューヨーク大学、コロンビア大学、ハーバード大学などに研修に参りましたが、今回のペンシルバニア大学は楽しみでした。
というのはアメリカの歯学部でペンシルバニア大学は色々な意味でトップです。
日本でもペンシルバニア大学で研鑽を積まれた先生方が活躍されています。
今回インプラントに関してはBMPとPDGFの行方が何となく見えたことが個人的には大きかったです。
もう一つ楽しみでったことは歯内療法の講義です。
歯を守ることは歯科医師の使命です。その為に歯内療法は欠かせません。
先月は歯根端切除術も数ケースありましたが、それについての考え方も改めて学ばせて頂きました。
歯内療法での世界的権威Dr.Kimのレクチャーを受けられたことは非常に良い経験となりました。
日本とアメリカでの歯内療法の隔たりは非常に大きな物があります。
これは日本には保険診療という制限診療が絡むので仕方が無い部分があるのですが、それでも本流を学ぶことは大切です。
歯内療法とは歯の根の治療、根管治療ともいいます。
例えば奥歯(大臼歯)の根の治療を受けるとアメリカでは1,000~2,000ドル(10~25万円)ほどかかります。日本では患者さんのご負担は6,000円程度です。
この費用の差で同等のクオリティということは無理といっても仕方ないのかもしれません。
日本の根管治療は保険制度と共に歩むことで本流とずれてしまった部分があることも否めないと思います。
当院ではマイクロスコープも導入して、症例によって使用しながら治療を行っております。
アメリカでは1,998年より歯内療法の専門医はマイクロスコープを用いることがADAにより義務化されているそうです。
日本で同じ形は不可能でしょう。
ただ、費用と時間がかかってしまってもしっかりとした治療を行いたい患者さんのためにその為の技術を身につけること、機材を用意することは必要だと思います。
今日の午後はマイクロスコープでの歯内療法のトレーニングを受けてきます。
これがまた楽しみです。
学べることは本当に幸せです。
不在にすることで患者様方にご迷惑をかける部分もございますが、治療という形でお返しする所存です。
では、今日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


週末は研修でした。 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
昨日・今日と審美歯科治療・咬合治療を中心とした研修に参加して参りました。
今回は日本の歯内療法(歯の根の治療)の権威である井澤先生の講義も半日含まれており、得るものが多かったです。
当院にもマイクロスコープ(治療用顕微鏡)←脳外科の手術で使っている姿などをテレビでご覧になったことがある方も多いのでは無いのでしょうか。があります。
マイクロスコープを用いての根の治療なども行っております。
現在の歯内療法の到達している部分や様々なケースへの対応法なども明日から出来ることがたくさんありました。
ただここで問題になるのが保険診療の中で行うことが限界があるということです。
用いる材料が保険適応でない以上保険で行えないものも出て参ります。
どのように対応していくか頭を悩ませる部分も出てきますが、治療の幅が広がって悪いことは一つもありませんのでいい方向に昇華させたいと思います。
今回は審美的な要件よりは咬合(噛み合わせ)に関する部分が大半を占めました。
私たちの治療に咬合なしで行えるものはまずありません。
現在の歯科医療の向かっているベクトルに対して注意喚起を促しているような部分も多々ありました。
自分の中で改めて整理して参りたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


審美歯科治療と歯周病・インプラント治療の研修 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
昨日・今日と技工士の薄井と研修に行っておりました。
かれこれ6・7年前にも受講したコースです。
私が本当に尊敬する先生で、その哲学、博識に惚れ込んで止まない方です。
御年70になられたとは感じさせない飽くなき向上心。ものすごいとしか言いようがありません。
前回受講したときのセラミックの症例がさらに6年経過のモノとなり、圧倒的な長期症例の数々。現在のマテリアルに対応しながらの臨床。
私も少しずつ年を取っては来ましたが、長期症例を拝見できることが何よりもの勉強です。
私も気付けばインプラントの10年以上の症例を持つようになりました。しかし30年経過症例は見て疑似体験をすることで感じるしかありません。
私自身は審美歯科という言葉は好きではありません。歯科医が審美を考えるのは当たり前のことだからです。
わかりやすい一つの括りをする上で便宜的に使ってはおります。
当院ではセラミック治療が修復処置のベースにあります。審美は当たり前なんです。
自分の仕事が少しでも良好に患者さんの生活を支えるものとなって欲しいと願っています。
口元が気になっていた方が気にせず笑えるようになる。
烏賊でも鮑でも食べられるようになる。
その治療が出来るだけ長持ちして欲しい。
その為には勉強しないといけないんです。
診療を休んで患者さんに一日ご迷惑をかけて申し訳ございません。しかしその分はきっと少し成長した自分が還元させていただけると思います。
今日の歯周病の講義も素晴らしいものでした。改めて身につまされるものがありました。
また来月もこの続きを受講できることが楽しみです。
今月もインプラント手術もセラミックでの審美治療もまだまだ続きます。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


連日のインプラント手術 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今年初のブログです。気付けばもう今年も20日が経過します。
年始の診療が始まってしばらくはかなり慌ただしい日が続きましたが、ようやく通常のペースでの診療になってきました。
私は連日インプラント手術が続いております。
GBR(骨造成)を併用するケースもありながら、シビアなケースも多い日々です。
今日は診療が終わってからDr,スタッフの有志での勉強会も行いました。これも今年初でした。
今日はエクストルージョン(矯正的挺出)を行ったケースを数症例見てもらいながらそのメリット、利用法等を話しました。
やはり勉強、研鑽は大切です。
私も今年は改めて勉強の年にしたいなとおもっています。
既に年間研修の申し込みをしているのでコンスタントに勉強できることが楽しみです。
今年も遠方からご紹介の患者様にお越し頂いたりと恐縮するところもありますが、変わらず前向きに過ごす所存です。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


本年もありがとうございました。 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
本年の診療も昨年で終了致しました。
新年の診療は5日月曜からとなります。
最後の数日も急な症状の方が多くお越しになりました。
インプラント手術は1週前が最終でした。抜歯に関してはどうしてもそこで行わねばならない方のみギリギリまで行いました。
私自身も最終診療が終わった後大学の同期での忘年会があったりと年末仕様になっております。
皆様も年末年始と体調を崩されないようお過ごしください。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate (国際インプラント学会指導医)
老川秀紀


メンテナンスの重要性 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日で11月も終わりですね。
今月はアメリカに行ったり、大きな会での講演があったりと慌ただしい月でした。
先週末は私もインストラクターを拝命しているデンツプライ社のジャパンサミットでお話しさせて頂きました。
1200人強の方がいらしたとのことで賑わっておりました。
インプラント治療もこの10年で様々な変遷を遂げています。
世界の潮流についていくことと、その真偽を見極めながら本流を選択せねばなりません。
私自身の臨床も変わってきたこともあります。
いずれにせよキーワードは
デジタル
でしょう。
私自身も今後の方向性を多少定める事が出来た部分もあり有意義な2日間でした。
さて、お題のメンテナンスですが、これはとても大切です。
先進諸国の中でこれだけメンテナンスが行われていない国は日本くらいです。
治療した周辺の変化やチェック、歯肉の変化や歯周ポケットの変化、患者さんのプラークコントロールの状態や変化。見ることは多岐に渡ります。

変化
という言葉を複数回使いました。
変化というものは経時的に見ていかねば分かりません。
いつもしっかり綺麗にされている方の歯肉が何かいつもと違う。
何か体調が良くないのか、ご家族の問題等でお悩みなのかなど想像することは様々ですし、その状態を探りながらお手伝いをさせて頂くことも我々歯科医院の重要な役割です。
先日開院以来ずっと拝見させて頂いている患者様がメンテナンスのために仙台からお越しになりました。
5年以上のお付き合いとなりますと、数ヶ月ぶりのご来院でも少しの変化に気付くことが出来ます。
医学的にも色々なのですが、何より人として嬉しいです(^^)
そのような方もいらっしゃれば、当然何かが起こらないとお越しにならない方もいらっしゃいます。
そのことを否定する気は毛頭ありません。
ただ、大抵は治療が大きくなってしまいます。早く気付けばとらないで済んだ神経。かからないで済んだ時間、お金。
数ヶ月に一回の痛くない歯科医院通いの方が健康に寄与してくれます。
改めて皆様にお伝えしたいと思います。
今月は帰国してからはインプラント手術が続きました。
似たような施術でも一つとして同じものはありません。
都度プランを立て、様々な想定をしながら施術をしております。
明日からは師走です。
笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


歯周病の長期症例に感嘆 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

おはようございます。
私は今ボストンのハーバード大学に来ております。
写真 1.JPG
だいぶ時差があるのでバイオリズムと戦いながらレクチャーを聴いております。
初日は世界的な歯周病医、Myron Nevinsの興味深い講義から始まっています。
長期症例の多さに感嘆しております。
自分も少しずつ歳をとってきましたが、自分の症例は自分が歯科医師になってから経た年数以上の経過は追えません。
彼のように1968年から今までの約50年の経過を圧倒的な資料と共に見させてもらえると疑似体験をすることが出来ます。
自分だったらどのようにアプローチするのか、その結果が時を経てどのような形になるのか。
学ぶことの重要さを感じます。
そしてもう一つ感じていること。
日本の歯科治療がどれだけ後手に回ってきたのかということ。
彼は1970年代から再生療法を行っています。再生療法の50年経過。圧倒されます。
日本でGore膜を使ったGTR法が行われるまでのアメリカとのタイムラグ・・・
もはやGoreは過去の遺産となりましたが、僕より若い先生達はその歴史も知らないのかもしれません。
今日のレクチャーでは1950年代からの経過がレントゲンでありました。
1950年にあれだけ鮮明な写真をとりそれがドキュメンテーションされていること。感動しました。
インプラントも良いですが、あらゆる歯科治療において歯周環境を整えることが基本です。
歯周病に対する観点を日本の歯科界全体で改めて見直さねばならないようにも感じます。
今の保険制度内では歯周病治療に限界があるのは否めないです。
口腔内環境を整えることが人を健康にすることを国が改めて見直してもらえればな、と思います。
では、日本は深夜かと思いますが、今日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


無痛治療(静脈内鎮静法下での歯科治療) 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
だいぶ涼しくなってきました。私は子供2人が代わる代わる熱を出すもので診療以外は子供に関わる時間が長い今日この頃です。
さて、今月は定期的に歯科麻酔学会認定医の妻が行う静脈内鎮静法の元で、インプラント手術や歯科治療を行っております。
インプラント手術以外では、嘔吐反射がとても強い方や、歯科治療への恐怖心がとても強い方に対して行っております。
2時間ほどかかりっきりで治療させて頂くので、複数本の治療が同時に行えるというメリットもあり、その治療をご希望なさる方もいらっしゃいます。
ただし、麻酔費用もかかりますし、治療も全て自由診療となってしまいます。
どうしても歯科治療が辛いという方が多くお越しになるので、それなりにご相談に乗る術はあると思います。まずはご相談ください。
風邪と違い、ほとんどの歯科疾患は自然治癒いたしません。
また、来月を迎えると当院は開院丸5年を経過し、6年目となります。
一つの節目として来週
9月22日(月)、9月23日(火)の2日間医院見学会を行います。
治療は一切行わず、門戸を開き医院を見学頂けるように致します。
当日はご希望があればご相談にも乗らせて頂く予定です。時間制限は設けさせて頂きますが、費用は頂きません。
以前より知りたいことがあったり、ご相談なさりたいことがある方はこの機会に是非お越しください。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


お盆診療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
Uターンラッシュも凄いようですが、皆様気をつけてお帰りください。
今更ではありますが、当院はほとんどお盆休みは無く診療しております。
唯一本日のみ休診とさせて頂きました。
私は、今日まで休ませて頂きましたので、明日から通常診療に臨みます。
近隣の先生方もお休みの方が多いことと思います。お困りの方はお越しください。
応急的対応になるかもしれませんが、かかりつけの先生がお休みを明けるまでの対応もさせて頂きます。
私は早々にインプラントや親知らずの抜歯を中心とした外科処置や、セラミックでの審美歯科治療に従事してまいります。
久しぶりにゆっくりと休ませて頂いたので、万全の体制で診療に向かって参ります。
歯医者に来るという現実が嫌な方も多いかと思います。
私は仕事大好きなので嫌では無いのですが、嫌な現実も現実ということで是非お越しください。
休み明けの元気な笑顔でお迎えいたします。
なんとなく日も短くなり始め少しずつ日が暮れるのが寂しくなってきました。
今年も4ヶ月と少し。一日一日を大切に過ごしたいものです。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


咬合誘導 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日で7月も終わってしまいます。
猛暑ですが皆様体調は崩されていらっしゃいませんか?
さて、夏休みという事もあり、普段とは違い時間帯関係なくお子様の治療がございます。
表題の咬合誘導という物ですが、Ⅰ期矯正とも言います。
乳歯が残っている様な時期にワイヤーを用いる矯正というよりは顎を広げるような処置であったりというような成長を利用しながら少しでも良い方向に歯が並ぶように導いてあげましょう。という考え方です。
従って行えば完全に綺麗に歯が並ぶという確定があるわけではありません。
ただし、少しでも早いうちに改善できるものはしていきましょうということです。
当院では4歳から10歳くらいまでのお子様に色々な方法での咬合誘導を行っています。
お子様ですので保護者の方の協力も必要になります。
いわゆるワイヤー矯正でしたらある程度はこちらに丸投げでもそこそこの結果は出せますが、小児はご家族の力も必要です。
しっかりやってくれるお子様は結果が伴いやすいですし、それなりの装着時間だとそれなりの進行になってしまいます。装置も壊れたり・・・と良いことも無いですし、始めたら保護者の方も管理をして頂きたいと思います。
連日インプラント手術もありますし、セラミックでの審美治療も多く現在進行中のものがあります。
一つ一つ丁寧に行って参ります。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀