午後は○○・・・ 矯正治療! 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡 

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
もう2月ですね。少し寒さも緩んできた気がします。
今日は午前はいつも通りの診療。虫歯の治療や、根の治療、開業以来拝見させて頂いている方の末っ子ちゃんが初めて治療台に座ったり、セラミックを用いた治療を午前は行いました。
2歳数ヶ月のお子様ですが、泣かずに口を開けてくれました。いつも、お兄ちゃんお姉ちゃんについてきて慣れてくれていたのかな?
そしてささっとお昼を食べて、都内に向かいました。
今日は月一日の都内での矯正治療日です。
来月より矯正治療を開始する患者様のカウンセリングを再度行ったり、若い先生に一般治療の指導をしてきたりしてきました。
中学生の患者様の保護者の方とお話しをしていたら、ひょんなことからイビキの話になり、スリープスプリントというお口の中に入れるイビキ予防装置のお話しをしたら今後作製したいとのこと。
スリープスプリントを日本で開発したのは中川先生という方なのですが、今ほどメジャーな装置になる前(6年ほど前)に直接先生に考え方や作成法を習ってきました。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対応として有用だと思います。C-PAPという機械が昔からありますが、あれは費用もかかりすぎますし、何より夫婦同部屋でなることは不可能でしょう。
スリープスプリントであればご夫婦仲良く同室でお休み頂けます。
いつもはインプラントや審美歯科治療の話が多くなりがちですが、今日は少し違う内容でした。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀
インプラント・審美歯科・お口のことの相談ならなんでも横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~へ


未分類 / 院長ブログ

85