セラミックを用いた歯科治療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日はセラミックを用いた治療が多い日でした。
患者様の為にも出来る限りメタルからの脱却をしたいと思っているのですが、保険制度の中ではいわゆる銀歯を使用せざるを得ない部分があるのが現状です。
銀歯には見た目以外にもデメリットが多々ございます。
プラークが付着しやすい。すなわち2次的な虫歯(詰め物、被せ物との境目からの虫歯)を生じやすい。
金属アレルギーを引き起こすことがある。
歯に対して固すぎることで、周りの歯を痛めてしまいやすい。銀歯が摩耗しないことで、その部分が噛み合わせに適応できず、歯の根に負担をかけやすい…
などなど、です。
体のためにも金属は避けたいところです。
幸いにも当院の患者様はご理解いただける方が多く、セラミックでの治療を行わせていただいている方が多くを占めている状態です。それでも、私も保険医ですから銀歯を用いることも当然ありますので、しっかりとご相談させて頂きながら治療を進めて参りましょう。
さきほどニュース番組を見ていたら、先日書いた睡眠時無呼吸症候群についてやっていました。
当院もスリープスプリントの製作を行えます。いつでもご相談ください。ただし、保険でスリープスプリントを製作するには専門クリニックで診断を受けた後、診断書をお持ち頂いた上で無いと適応となりません。
医科での検査とスリープスプリントを保険で作製すると保険でもそれなりの費用がかかってしまいますので、手早くスリープスプリントにトライしたい方は、保険外で作製させて頂いた方がよろしいかと思います。
さて、明日も一日ご予約の患者様でいっぱいです。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀
インプラント・審美歯科・お口のことの相談ならなんでも横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~へ


未分類 / 院長ブログ

128