一般歯科治療とインプラント治療

こんにちは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日も一日充実して仕事をさせて頂きました。
上大岡、港南区近郊だけでなく、遠方からも患者様にお越し頂き感謝の限りです。
日々拝見させて頂いていて、インプラント治療が必要となる患者様は必要になった理由がそれなりにあるわけです。
多くの方が周りの歯にもそれなりの治療の既往があったりします。今インプラントが必要となっている時点で周りの歯の治療もやり直したことがいいことも多く見られます。
しかし残念ながらそのことを患者様に告げないまま治療が行われていることも多いようです。
治療計画というものはとても大切です。最低限治療計画を患者様にご理解頂いてから治療を開始するのはマナーだと思います。
是非、患者様も理解・納得してから治療を開始されてください。一度行われた治療のリカバリーは難しくなります。
抜歯をした場所にインプラントを行えば前後の歯を削る必要が無かった訳なのに・・・
という患者様を見るたびに何とも悲しくなります。得てして皆様、インプラントなんて話は無かった・・・とおっしゃいます。
通常の小さい虫歯の治療法一つとってもいくつかの方法がある時代です。皆様、満足行く治療を受けられてください。
そして、声を大にして言いたいのですが、保険診療はあくまでも最低限の治療です。
保険でいいや。
ではなく、保険治療で本当に良いのかを自分に聞いてみてください。ご自身の体です。
ブランドものを身につけるより良い治療を受けることの方が良いのでは・・・と私は考えます。
正直、ルイヴィトンのバッグを持ち、ロレックスの時計をされた方がなぜ銀歯で良いと迷わないのか・・・価値観の問題なのですが、医療人としてはかなしくなります。
なにやら愚痴っぽくなってしまいましたが、思うことあってのことです。
では、明日という日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI(国際インプラント学会)認定医 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

120