妊婦歯科検診と小児歯科治療と長男誕生 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
私事ですが先週の土曜日に長男が誕生しました。我が家はいわゆる1姫2太郎という状態になりました。
048.JPG
まだ、病院にいるので顔を見ている回数も少ないのですが、帰ってきてくれることが楽しみです。
気づけば2児の父親になりました。
また当院にも妊婦がおりまして、昨日で1人が出産に伴い退職となりました。また、育児が落ち着いた頃にでも戻ってきてくれることを楽しみにしております。
当院は妊婦さんの患者様が多くいらっしゃるのですが、皆様妊娠されたら必ず歯科医院にいらしてくださいね。
気づかずに進行するのが歯科の疾患です。しかも産後はご自身に時間をかけられなくなります。妊娠中が何かあったところへの治療のチャンスです。妊娠後期の歯科治療は通常通りに行えます。
また、妊娠を考えられている方はその前の来院をお勧めいたします。妊娠中は歯肉が腫れやすくなったりも致します。親知らずが残っているとトラブルが起こりやすくなります。早めの抜歯も一手です。
お子様の治療ももちろん承っております。ただし、当院では嫌がるお子様を押さえつけてまでの治療は基本的に致しません。危険を伴うと判断する場合は大学病院等をご紹介させていただくこともございますのでご了承ください。
ではそうならないために何が必要か。それは何でもないころから歯科医院へ行く習慣をつけておくことです。検診であるいは親御さんが
「虫歯かも・・・」
と思われて治療をしなければならない状態で初めての歯医者来院はお子様にとって苦痛に決まっています。
私も2児の親ですし、当院スタッフには子供を持つ者も数名おります。
虫歯は治すもの、でなく作らないようにするもの。です。
自己流で予防ができたらそれは奇跡です。自己流で予防ができないこと、多くの方がご自身で経験されているはずです。私もそうです。学生時代に虫歯を何本か作りました。
いまだに過去の治療のやり直しがたまにあります。
虫歯の治療はやり直しがついて回るものです。私もです。ということは虫歯を作らないのが一番です。
是非予防のために歯科医院へ行ってみませんか?
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医 ICOI Fellow・Assistant Director (国際インプラント学会認定医・役員)
歯科医師 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

211