歯科治療と使命感 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
夏休み後の診療もすっかり通常のリズムとなってきました。
今日は上顎8本インプラント治療でのプロビジョナルレストレーション(仮歯)の装着やセラミックでの前歯の治療等が続く濃い治療内容の一日でした。
数時間NHKの番組で使命感を持って生きている。ということを美輪明宏氏がおっしゃっていました。
私が所属している日本歯科先端技術研究所会長の簗瀬先生も東日本震災後に現地では使命感を持って動いている人たちがたくさんいる。ということをおっしゃっていました。
使命感
という言葉に何か強く心を揺り動かされました。
当院の患者様に先生は大きな使命を持って地球に来ているんですよと言われたことがあります。
私は歯科治療が大好きですし、患者様と向き合える日々がとても充実しています。
当院には抜歯の宣告を受けてお越しになる方がたくさんいらっしゃいます。
まずはその歯をなんとか残すことが出来ないだろうかということから考え始めます。
自分が全力を注げば何とか残していくことが出来るかもしれない。出来ないと言われたインプラント治療も骨の造成を出来るだけ辛く無いように行うことが出来るかもしれない。
家族が医療関係で無い家庭で育ち、自分が歯科医師になってから親からは出来るだけ良い治療をしてあげてね。と口酸っぱく言われ続けてきました。
何が本当に良い治療なのかという答えは無いと思います。
治療は一人一人違う物になりますし、求めることも皆様違います。
ただ、私たち医療サイドが選択肢を持っていないと患者様の望みを叶えられる可能性は狭まります。
そのために、歯科医師としての使命感を持って研鑽を積み、日々真剣に患者様お一人お一人と向き合っているつもりです。
真剣すぎる分いい加減にされる方とは真剣に向き合えなくなってしまうこともございます。
平気でご予約を反故にされる方は当院には向かないかもしれません。現在私のご予約は1か月ほどお待ち頂くことも珍しくございません。1度アポイントが飛んでしまうと治療間隔が2か月ほど空いてしまうこともあります。それでは良い治療になりません。
その代わり頼られたら出来るだけ応えたいと思っています。
使命感を持って仕事をすること。それが出来ることは幸せなことだと思います。
これからもたくさんのシビアな治療のご予約を頂いております。
私が出来ることを常に精一杯行って参る所存です。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

171