矯正と咬合 上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
今日は日曜日。休診日です。
今月はインプラントオペがやや多めに入っていて、ご予約が取りにくい日が増えてしまっており、申し訳ございません。
今日は勉強会で「顎偏位に対して矯正治療で対応した症例」と「予知性を持ったインプラント治療」について発表してきました。
矯正治療というと見た目のために歯を並べるようなイメージが強いと思いますが、私の場合見た目のためでなく、患者様お一人お一人にあったかみ合わせを構築するために矯正という手段を用いています。そこで、かみ合わせと顎の位置(咬合と顎位)について概略を話させて頂きました。
インプラント治療に関しては、先だって本に載せて頂いた「自分なりの予知性を持ちたい」という記事の詳細と私なりの考えについて少し掘り下げて話しましたが、どちらのテーマもそれぞれで相当な時間話せてしまうものなので、さわり程度になってしまいました。
明日は朝からインプラントと天然歯の印象採得(型どり)から始まります。下準備は出来ていますが、天然歯は二本とも生活歯なので繊細な仕事が要求されます。
今週よりインプラントオペが続くのでそちらの準備も綿密に行わなければなりません。
明日で我が子も誕生して3ヶ月。少しは父親らしくなれてきているかな?
明日から新しい一週間の始まりです。今月中に仕上げないといけない発表内容もあるのでなんとか形にしないといけません。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

131