インプラントと審美歯科

こんばんは。おいかわ歯科クリニック横浜上大岡インプラントセンター老川です。
気づけばもう12月。あっという間に時間は流れて行ってしまいます。この一秒。一瞬も大切にしないといけないですね。
さて、先月の後半は適度なペースでインプラントオペもあり、当院の専用オペ室、常備歯科用CTも活躍してくれました。
やはり、CTの存在、静脈内鎮静法での無痛インプラント治療は時代のニーズにもマッチし、何より患者さんのために欠かせないものになっているなと感じます。
 
CT,専用オペ室のない医院でのインプラント治療は考えものの時代ですね。
インプラントの話がついつい多くなってしまいますが、私は審美歯科治療にも相当力を入れております。インプラントで審美的な結果を出すためには、天然の歯の治療がしっかり審美的に行えることは必須条件です。当然保険は効きませんが、他院での差し歯の治療のやり直しも増えております。当院ではジルコニアクラウンを用いての審美歯科治療がメインとなります。
上大岡界隈ではどこよりもしっかりとしたものを提供できる気概でおります。技工士さんは銀座での院長時代からお付き合いさせて頂いている方で、しっかりとしたものを作ってくださいます。現在医院スタッフも治療中ですが仕上がりが楽しみです。
さぁ、今年もラストスパート!来年に向けて前向きに進んでいきたいですね。
明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思います。
国際インプラント学会(ICOI)認定医 老川秀紀  


未分類 / 院長ブログ

134