インプラント手術と痛み・恐怖の話

こんばんは。おいかわ歯科クリニック横浜上大岡インプラントセンター老川です。
寒い日が続きますが、明日一日働けばかなり久しぶりの連休となります。
昨日は朝からインプラントオペで下の奥歯の抜歯と同時のインプラント(抜歯即時埋入)でした。当院の特徴である、妻が麻酔をかけての手術で患者様は術後全く痛みも記憶もない状況で施術を終えることができました。
麻酔がかかっているので後ろの親知らずも同時に抜歯いたしました。通常下の奥歯のインプラントの場合顎の骨の形態が特徴的なことが多くCT撮影をしていないとリスクを伴うことが多々あります。
当院では、常備CTで入念にプランニングをしているので、リスクぎりぎりのラインでしっかりとしたインプラント手術を行うことができました。
今回の患者さんは顎下腺窩が顕著に窪んでいたので、通常のレントゲンだけではかなりリスクの高い部分がありました。
術後もCTを撮影させて頂き狙い通りの場所にインプラントが入っていることを確認。十分な事前診断そしているからこそ、傷も最小なので、本日の消毒の際も全くお痛み・腫れはないとのことでした。
やはり時代はCTが必須。設備のない医院での手術は間違いなく避けるべきでしょう。なぜなら、いつでも調べることができるからこそ、本当に傷の少ない手術が行え、苦痛が少ないからです。
どうせ手間暇費用がかかるのならば設備の整った医院で治療を受けてはいかがですか?
当院は、CT撮影費用、麻酔費用が手術費用に含まれております。この設備がない医院では2つ合わせると10万円程度の出費となってしまいます。
明日はインプラント手術はございませんが、1日ご予約の患者様がいらっしゃいますので、そろそろ寝て明日に備えたいと思います。
当院上大岡駅前にございますので、港南区、南区だけでなく他地域からの患者様も増えてきております。精一杯正直に誠実にお一人お一人と向かい合わせて頂きます。
気になることがございましたらいつでもご連絡いただければと思います。
では、明日という1日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

476