インプラント補綴の多い一日 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
いよいよ年末という感じがしてきました。
というのも私たちの仕事は年の瀬が迫ってくるとだいぶ慌ただしくなってくるのが通例だからです。
皆様、年末年始に何かが起こると不安だからでしょう。できればもう少し早めに・・・とも思ってしまうのですが今ならまだ間に合いますね。ひとまずお痛み等は無い状態での年越しは、ですけれども。
年内に治療を終わらせて欲しいというご希望にはさすがに添うことは困難です。
今日はセラミックの治療が最初から最後まで続きました。
インプラントの上部構造の装着が複数本ありましたが、すべてジルコニアクラウンです。
チタンとジルコニアというものは人工関節にも使われているように人の体にとても相性が良い物です。
インプラントはチタンで出来ています。被せ物を支えるアバットメントも当院ではチタンかジルコニア以外は用いません。被せ物をジルコニアで作っていけば治療部位全てが生体に優しいもので構成されることになります。
全てのジルコニアがわずかな調整で装着できました。
精密に型を取り、かみ合わせを採得していることと、技工士さんがそれに応えてくれていてこそです。
歯科治療は完全オーダーメイドです。
さて、明日は土曜日。診療後忘年会です。これから皆様忘年会シーズンと思われますが、体調にご留意くださいませ。
私は来月出版の原稿校正を行ってから休みたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀
インプラント・審美歯科・お口のことの相談ならなんでも横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~へ


インプラントについて / 未分類

257