今日のインプラント手術 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日から3月でしたね。先月末から花粉が猛威を奮い、臨戦態勢です。
今日は、過去にインプラントを2本植えさせて頂いている方へ、1本追加埋入の施術でした。
前回、歯科麻酔学会認定医の妻が静脈内鎮静法をかけていたので、今回も同様に静脈内鎮静法の下でインプラント手術を行いました。
インプラントは骨の細い部分に骨を広げながら、多少の骨の増生を必要とするものでした。同時に手前の歯に対してクラウンレングスニングという、歯周外科手術を行いました。
専門用語になってしまいますが、虫歯が進行している歯を保存するために行った手術です。
手術という言葉を用いていますが、当院では頻繁に行っているものなので、やっかいな親知らずの抜歯に比べればよほどシンプルな処置になります。
また、午前も午後も技工士さんに立ち会って頂く処置が続き、技工士Tさんも行ったり来たりで大変だったことと思います。
明日は、午後から都内の歯科医院で矯正治療に出てきます。
当院は、副院長林、歯科医師村本両名が通常通り診療を行っています。
私は午前のみの診療となります。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

214