インプラントにプロビジョナルレストレーション おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日は6月6日。娘が一歳になりました。
あっという間の一年です。成長が目に見えて可愛い限りです。
さて、昨日日曜日は、私が所属する日本歯科先端技術研究所の勉強会が日本歯科大学で行われました。
冒頭での当会簗瀬会長の挨拶に考えさせられました。
以前ブログでも書きましたが、簗瀬会長は今回の震災で検屍に現地へ赴き大変な仕事をされてこられました。
その際に現地で働いている方々が使命に満ちているのが分かるとのことでした。
では、歯科医師としての使命は何なのか。院長としての使命は。父親としての使命は。夫として・・・息子として・・・弟として・・・
色々なことが頭をよぎる訳なのですが、よぎることのいったいどれだけのことを考えながら日々を過ごしているのか。
ただ、使命があるという意識を持っておくだけでも何かが変わってくれそうな気がします。
まずは日々歯科医師として私が考え得る使命を意識しなおして毎日患者様と接していきたいと思います。
さて、今日は抜歯即時埋入と同時にそれなりの量の上顎洞挙上術を行った患者様にアバットメントを連結し、プロビジョナルレストレーションを装着しました。
いつも緊張するときなのですが、滞りなく、しっかりとしたプロビジョナルレストレーション(仮歯)を装着できました。
しばらく経過観察を行い、ジルコニアセラミッククラウンの作製へ移行する予定です。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

224