前歯の審美歯科治療 ジルコニアセラミックを用いて

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
明日からインプラントの研修でソウルへ行ってまいります。午前は診療を行って夕方の便で向かいます。
海外は12月以来ですから3か月ぶりです。6月に国際インプラント学会がベトナムで行われるのでそれもありますし、12月のニューヨークでコロンビア大学の研修もあります。
今日は前歯の審美治療のケースを供覧していただきたいと思います。
治療前  前歯の変色やかぶせものの色調の不一致がみられます。
DSCF4134.JPG
治療後  前歯2本をジルコニアセラミックで修復いたしました。
DSCF4547.JPG
治療前のかぶせものもメタルセラミックという保険外のものだったのですが、現在は用いられなくなってきております。裏に金属が用いられる分、色調の面で不利になりやすいためです。
前歯の審美歯科治療は当院の得意分野です。専門技工士と共に拝見させていただき患者様、担当医、技工士、スタッフと全員で誠心誠意素敵な笑顔になって頂けるよう治療させていただいております。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 日本口腔インプラント学会認証医
歯科医師 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

268