専用オペ室でのインプラント治療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
もう9月。暑い夏も気づけば残暑です。
当院も増階工事がほぼ終了し、7階も治療室として使える状態になりました。
今までも手術室を設けてきましたが、倍近いスペースを確保しさらなる設備を追加した専用手術室を7階に設けました。
今年になり、様々な報道もあり影響からか、治療ガイドラインというものが作られております。
その中でのポイントは
専用手術室があること
CTを有していること
日本口腔インプラント学会専門医であること。
あたりになってくると思われます。
ガイドラインということはその条件が安全に治療を受けられる可能性が高いですよ。という話です。
当院はその基準はクリアーしております。
歯科医師であれば誰でも行えるインプラント治療です。
しかしどこでやっても同じなわけではありません。
例えばですが、先日下顎の総入れ歯の方に対して2本のインプラントを植立する施術がありました。
しっかり麻酔をした後、切開、インプラント植立、縫合となるのですが、切開から縫合まで12分で2本の手術は終わりました。術後にCTで確認を行い想定通りの施術が行えたことを確認いたしました。
私個人としては特に急いだわけでも無いですし、いつも通りの仕事です。いつも海外へ共に研修へ行く先生方は私以上に早く綺麗に施術できる方も当然いらっしゃると思います。
早さや正確さは知識や技術の積み重ねによるものです。一朝一夕には手に入りません。
ガイドラインは一定以上の水準で治療できるという基準だと考えて頂けると良いと思います。
その分というわけではありませんが、当院では一切治療の安売りはいたしません。
セラミック一本、インプラント一本の治療をとっても決して安くはございません。ただし、費用に見合う以上の仕事を行うことを意識しています。
今週も数症例インプラント手術があります。
また、第3週あたりは役員として学会参加のため1週間アメリカです。その分私の予約は取りにくい状況が続いてしまうと思います。できる限りキャンセル無きようお願い申し上げます。
では、今週も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate (国際インプラント学会指導医・役員)
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

65