審美歯科治療と歯周病・インプラント治療の研修 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
昨日・今日と技工士の薄井と研修に行っておりました。
かれこれ6・7年前にも受講したコースです。
私が本当に尊敬する先生で、その哲学、博識に惚れ込んで止まない方です。
御年70になられたとは感じさせない飽くなき向上心。ものすごいとしか言いようがありません。
前回受講したときのセラミックの症例がさらに6年経過のモノとなり、圧倒的な長期症例の数々。現在のマテリアルに対応しながらの臨床。
私も少しずつ年を取っては来ましたが、長期症例を拝見できることが何よりもの勉強です。
私も気付けばインプラントの10年以上の症例を持つようになりました。しかし30年経過症例は見て疑似体験をすることで感じるしかありません。
私自身は審美歯科という言葉は好きではありません。歯科医が審美を考えるのは当たり前のことだからです。
わかりやすい一つの括りをする上で便宜的に使ってはおります。
当院ではセラミック治療が修復処置のベースにあります。審美は当たり前なんです。
自分の仕事が少しでも良好に患者さんの生活を支えるものとなって欲しいと願っています。
口元が気になっていた方が気にせず笑えるようになる。
烏賊でも鮑でも食べられるようになる。
その治療が出来るだけ長持ちして欲しい。
その為には勉強しないといけないんです。
診療を休んで患者さんに一日ご迷惑をかけて申し訳ございません。しかしその分はきっと少し成長した自分が還元させていただけると思います。
今日の歯周病の講義も素晴らしいものでした。改めて身につまされるものがありました。
また来月もこの続きを受講できることが楽しみです。
今月もインプラント手術もセラミックでの審美治療もまだまだ続きます。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

150