静脈内鎮静法下で上顎洞底挙上を伴うインプラント治療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日で5月も終わりですね。当院は昨日わ私がお題に書いた様な手術が、今日は山﨑が午前午後とインプラント手術を行う、いつも通りの日々です。
さて、妻も産後1ヶ月が過ぎ少しずつ仕事も復帰となります。
昨日は上顎両側上顎洞底挙上を伴うインプラント手術でした。
片側の余りにも骨が薄い場所は事前にサイナスリフト(上顎洞底挙上)をクレスタルアプローチ(歯槽頂アプローチ)で行い良い骨が出来ているのを確認しておりました。
とはいえ1度の手術で6本の埋入でしたし、もう片側はインプラント埋入と同時の上顎洞底挙上を行うので、日本歯科麻酔学会認定医の妻の静脈内鎮静法下で施術を行いました。
本日経過良好で一安心。
また、本日自家歯牙移植を行った方の治療も無事終了しました。
私はインプラント専門医ではありますが、インプラントはあくまでも最終手段です。
移植するに値する親知らずがあればご自身の歯を生かした治療を優先しております。
また、移植のケースについても画像と共にレポートしてみたいと思います。
明日は午後から都内の医院で矯正治療を行うため、私は半日で不在となります。
医院は他の先生達が通常通り診療しておりますので皆様何かあればご連絡ください。
私事ですが6月は長女長男の誕生月です。
子供が元気に大きくなる姿を見られることは親として代えがたい喜びです。
同様にずっと診させてもらっている子供達の成長も歯科医師として代えがたい喜びです。
これからもできる限り患者さんに寄り添える歯科医院であるよう精進したいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

64