根管治療 上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
一日暑かったですね。ランチに外に出たらうだるような暑さでびっくりしました。
夫婦で年をとりましたが、プレゼントを買いに行く時間が無く、今日の所は花をあげるだけに終わってしまいました。
今日は珍しく、審美歯科に関わるような治療が無く、一日根管治療が多かったです。
根管治療というのは歯の根の治療、神経の治療の総称になります。
虫歯が大きくなり、神経に達してしまい痛くて痛くて眠れないというような状況で炎症を起こしてしまっている神経を取り除くような治療や、過去に行われた根の治療の再治療などです。
今日は初診の患者様も根管治療が多く、ずっと歯の中とにらめっこでした。
歯科医師をしていて、私の専門分野でもあるインプラント治療で患者様が何でも食べられるようになったよ。ありがとう!なんて言われるととても嬉しいのですが、神経の治療をさせて頂き、痛みが取れてありがとうございました。なんて言われるのもこれまたとても嬉しいものです。
人の痛みを取ることが出来る仕事なんてそうそうあるものではありません。少しは人の役に立てたかなと思えるときです。
神経の治療は日本の保険制度では余りにも過小評価されており、アメリカの10分の1にも満たない治療費で行われております。それでもしっかりと時間をかけ丁寧に根管治療を行うことは歯科医師の使命でもあると思っております。
治療後に患者様がセラミックを選んだりされたときに根管治療がしっかりと行えていないと仕方ないですし。
ただ、根管治療の患者様が多いとですね。。指が痛いんです!!つりそうになります。
今日は珍しく根の治療についてでした。
明日からはインプラントがらみの仕事がかなり多く続きます。
夏休み前はインプラントオペを控えていたこともあり、オペのアポイントもかなり入ってきているので日々是集中です。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

459