前歯部へのGBR(骨造成)を伴うインプラント治療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~ 

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日は休診日でした。昨日は横浜開港記念日でしたね。昨日今日とみなとみらい周辺ではイベントが行われていたことだと思います。学生さんにとっては土曜日と重なってしまい面白くなかったことでしょう。
当院にはスタッフが10名以上おりますが、幼少時代から横浜で過ごした人間は意外に少なく、開港記念日?とは?という反応でした。
今日はいくつかの勉強会からお誘いを頂いていたのですが、妻が妊娠中の事と、今月は海外での学会参加もあるので、家族サービスに充てることにしました。
サッカーも快勝し気分も朗らかです。
さて、明日は朝から日本歯科麻酔学会認定医の妻が静脈内鎮静法を行い、執刀は私でインプラント手術です。
既に保存できない歯は抜歯し仮歯の装着が行われています。周辺組織のマネージメントをするために2か月以上MTM(部分矯正、特にエクストルージョンと傾斜の改善)を行い骨形態の改善も多少なりともはできていると思います。
それでもCTで見てもインプラントを埋入するのにぎりぎりの骨の量しか存在しないので、骨補填剤とコラーゲン膜を用いたGBR(骨の造成)が必要になると思われます。
極力既存の骨の拡大等で対応していきたい所ですが、明らかな不足がある場合は致し方ありません。
咬合状態の改善のために下あご奥歯には1本のインプラント埋入を行いますが、こちらは通常通り行えそうです。
今月は複数本の埋入オペが多く、これからインプラント手術が立て込んでまいります。
一つ一つ正確に、手際よく行ってまいりたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医・認証医 ICOI Fellow(国際インプラント学会認定医)
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

324