ICOI World Congress(国際インプラント学会世界総会)より帰国

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
金曜日から参加してきたICOI(国際インプラント学会)より昨日帰国しました。
ここ数年数回行っているソウルですが韓国での歯科治療の進歩のスピードは物凄く都度新しい何かに触れることが出来ます。
過去にも書いていることですし、先ほどニュースでもやっておりましたが、日本では、世界的に認められた新薬や新しい医療器具・医療材料というものはほとんど手に入れることが出来ません。
保守的なことの良さもあるのですが、積極的にやっていかないと世界に遅れをとっていってしまう可能性があることも否めません。
私自身は、出来るだけグローバルな視野で歯科界を見たいと思っているので出来るだけ海外に出るようにしておりますし、日本では手に入らない材料についても直接見てくるようにしています。
今回も韓国ではこれだけの材料がこの費用で手に入れることが出来るんだなと直に見て参りました。
現在既に数社の韓国メーカーが様々な形で歯科界にも進出してきておりますが、日本の歯科メーカーも足下をしっかり固めていかないと容易にすくわれかねないだろうという危機感を感じます。
ましてやこれだけの円高ですしね。日本に向けて売る各国メーカーにはやりやすい状況ですね。
若干経済的なことを書いてしまいましたが、今回韓国に行ってみてレートにもびっくりしました。
円高はすごいことになっている肌で感じました。12月にニューヨークはコロンビア大学へ行ってきますが、さらにそう思いそうです。
私がニューヨーク大学へ行っていたときは、1ドル120円前後でしたので、今は3分の2ですもんね。
そんなこんなでニューヨークが楽しみでもあります。
医院を離れる時間が多くなり患者様にはご迷惑をおかけしますが、私や、2人の歯科医師、衛生士を始めとするスタッフのチームワークでしっかりとご対応させて頂きます。
今週もインプラントオペです。
学会等から帰ってくると臨床へのモチベーションが上がります。学んだことを一つでも多く患者様へ還元できるようにしていきたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 日本口腔インプラント学会認証医
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

118