補綴物の精度 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
日付も変わりいよいよ11月です。
最近スカッと晴れてくれる日が中々ないですね。洗濯物を干すタイミングを逸してしまうと大変です。
今日は久しぶりに予定のない休日で、朝から妻と娘と一日中色々な買い物に出ずっぱりでした。
我が家のテレビの調子がだいぶ悪く、12月からエコポイントが下がることもあり、意を決してテレビを買ってきました。
前に液晶を買ったときよりもだいぶ値段もこなれてきて今のテレビを買ったときの値段で、だいぶ大きいサイズのものを購入することが出来ました。
間もなく診療台が1台増えるのでそれに併せてパソコン用のモニターも購入。
気づいたら一日が終わってしまいました。
さて、当院ではいわゆる自由診療での診療がかなりのウエィトを占めています。その中で保険外診療の治療というものは保険診療とはレベルの違う精度を求めて治療に当たります。
材料のエラ-やヒューマンエラーなどが出ないように繊細に仕事を行わねばなりません。
しかし結果として思った通りのものが出来なかった場合は再度製作をさせて頂くことがございます。
やはり良い物を皆様に提供させて頂きたいので、ごくごく稀にその様なことがあることもご了承頂ければと思います。
今週もインプラントオペがありますし、しっかりと準備をして臨みたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医)老川秀紀 


インプラントについて / 未分類

195