今日も抜歯即時インプラント埋入 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日は下顎犬歯の抜歯即時インプラント埋入でした。
当院も光機能化を導入し、インプラント治療がまた一つ進化できるように感じます。
今日も多少の骨吸収がありましたが、骨造成も同時に行い想定通りの結果を術後のCTで確認できました。
今週はインプラント手術が連日続きます。半分は骨造成を必要とするケースです。今学術誌の原稿にも書いておりますが、10年前はシンプルにインプラント治療が行えるケースが今よりもだいぶ多かったように思います。
先日ニューヨークで聞いてきたレクチャーにもありましたが、歯を残すべきなのか否かという選択が日本ではずれてきている部分があるようにも思いました。
これにはいくつかの理由が考えられます。保険制度の問題、そもそもの国民性など・・・
ただ、限界ぎりぎりまで残してしまうのはよろしくない結果を導くことが多いです。
だめと分かったらそこで潔く処置を進める方が骨も歯肉も痛めないで済みます。
インプラントは魔法の治療法ではありません。天然の歯に勝る物もありません。
しかし、壊れかけた歯よりはインプラントの方が機能的に遙かに勝ってくれます。
明日は今週唯一オペのない日です。セラミックの治療が多数入っているので、そちらに没頭致します。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
日本口腔インプラント学会専門医
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

91