静脈内鎮静法とインプラント治療 横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
気付けば師走がすぐそこに見えてきました。
当院は29日まで診療、新年は5日からとなります。
日曜診療は行っておりますが年末年始は世間と一緒に少しお休みを頂きます。
例年12月中旬あたりでインプラント手術はおしまいとすることが多いので、ここから約1ヶ月が今年のインプラント手術期間と思われます。
今月は定期的に日本歯科麻酔学会認定医の妻の静脈内鎮静法の元で手術を行っております。
先週は6年前に同様に右側にインプラント治療を行った方の反対側にインプラント手術を行いました。
今週は上顎洞底挙上術とインプラント埋入を静脈内鎮静法のもとで行います。
目が覚めたら終わっておりますので恐怖心の強い方には向いた治療法となります。
しかしながら何でもかんでも静脈内鎮静法というわけでは御座いません。
当院ではインプラント手術の1割にも満たないと思います。
無用な全身管理はおこなわないほうが良いと思っておりますし、お時間もそれなりに頂くようになります。覚めた後もしばらく行動に不安も残ります。
それをもってもメリットが勝る際に行っております。
明日も大がかりな治療がひしめいております。
長時間の治療患者さんにもご苦労を強いる部分もありますが、しっかりとした治療を行うために必要な部分でもあります。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
日本口腔インプラント学会専門医
ICOI Diplomate(国際インプラント学会指導医)
歯科医師 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

81