静脈内鎮静法の元でのインプラント手術 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは、おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
今日は朝からインプラントオペでした。
いつも通り日本歯科麻酔学会認定医の妻が点滴をとり、患者様は半分寝た状態で、記憶無く手術ができます。
事前診断は、院内のCTでばっちり済ませておりますので、ここぞという所を狙ってインプラントを埋めます。
今日は上顎の奥歯、3本欠損の所へ2本のインプラントを植えましたが、奥はフラップレス(切開縫合無し)で手前は、ハーフパンチテクニックを応用した自己流での埋入でしたが、角化歯肉の移動と同時に骨造成を行っております。しかし縫合は1針だけです。もちろん一回法です。
パイロットドリルで骨質を判断し(当院のCTではハンスフィールド値の表示もできているので前もって想像は付いているのですが)アダプテーションテクニックを利用して、しっかりと固定を得ました。
私が手を動かしたのは、骨造成を含めて2・30分です。
麻酔から覚めた患者様は、「時間の感覚が全くありません、こんな方法があるんですね!」と、おっしゃってくださり嬉しかったです。
その後CTで術後の撮影。問題無しです。
当院でインプラント手術を受ける患者様は、CT撮影、静脈内鎮静法の費用は無料です。通常10万円くらいはかかる医院が多いはずです。
「ここに来て良かった!」と、何より嬉しいお言葉をかけて頂きました。
2・3ヶ月後には被せ物が入ります。そのときが楽しみですね。
明日は暖かいようですが、朝は雨ということです。 
みなさま、出勤・通学時等足下に気をつけてください。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医)  老川秀紀


インプラントについて / 未分類

125