審美歯科治療とインプラント治療 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
一昨日から大切なスタッフ、受付の高野が体調を崩しておりまして心配な日々です。
医院は、私で成立するわけでなく、スタッフ全員が作り上げていてくれているものなので日々、スタッフに感謝です。
明日はいつも通りのおいかわ歯科クリニックで診療に臨みたいと思います。
昨日もインプラントの仕事があったのですが、精魂込めて植えたインプラントの上部構造です。アバットメントはもうキャストの時代は終焉を迎えました。
このことの意味が分からない歯科医師は生物学的なことを海外に出て学んできた方が良いでしょう。
歯肉と結合してくれる材料を使わないといけません。
昨日のケースはジルコニアアバットメントです。
あと2・3週間歯肉の成熟を見てからファイナルです。
仕上がりが楽しみです。
難しい仕事を綺麗に仕上げられたとき、大きな喜びがあります。
保険診療もきちんと仕上がったときは嬉しいのですが、自由診療ではきちんと仕上げるのが当然になります。よりクオリティーを上げなければなりません。
必死に勉強してきたことを駆使しながら結果を出すことが医療人としての使命だと思います。
患者様を相手に手を抜くことはできません。
明日も真摯に患者様と向き合いたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow(国際インプラント学会認定医) 老川秀紀 


インプラントについて / 未分類

243