審美歯科治療の連載… 上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
娘も生まれて丸2ヶ月が過ぎました。元々子供が大好きな私ですが、自分が子供を持ってまたまた子供が大好きになってしまいました。
夏休みと言うこともあり、連日小学生の患者様が来ております。これから大きな未来があるんだなぁと思いつつ、少しでも良い形で成長を導く手伝いが出来ればなと思いつつ診療しております。
さて、1ヶ月ほど前に出た歯科医療という業界誌にインプラント治療の現状という題目の下、治療の予知性というサブテーマをつけ、15ページほどの記事を書かせて頂きました。
東京有志会というスタディグループの仲間内で連載をしているものですが、これからまとめて本にもなるようなので楽しみです。
反響がどうあったのかは分かりませんが、1月発売号より審美歯科治療について連載をさせて頂くことになりました。
ということで、少しずつ原稿を書いていかねばならないので、手が空いたときに症例写真の整理をしつつ、原稿を作成しております。
いかんせん、回数もあり、一回の文字数もかなりのものなので、自分なりのストーリーを組み立てねばと思い試行錯誤です。
せっかくやるのだから良い物にしたいなと思います。
夏休みに少しリフレッシュしたらその後の日曜日は全て勉強会や学会が続きます。
10月には私主宰のスタディグループで韓国ソウル大学よりインプラント科の金教授を招いての講演も東京国際フォーラムで行います。それも良いセミナーにしないといけません。
やることは盛りだくさんですね。
学生時代非常勤講師の先生の言葉で胸に残っているものがあります。
「仕事は忙しい人間の所に来るものだ。毎日忙しく精一杯生きているとどんどん良い仕事が増えてくるのさ」
もう一つ私の好きな言葉で大切に思っているものがあります。
「仕事は真剣にやるものだ」
当たり前のことですよね。
テレビでどこかのラーメン屋の店長がダシをとるのに何時間もかけていて、まだ続けるのですかという言葉が出たときのコメントでした。
毎日真剣に仕事を続けること。自分に言い聞かせています。
今毎日続けていることが自分の夢への階段だと思っています。
さぁ、土曜日です!
明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


未分類 / 院長ブログ

158