インプラントの補綴 上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
間もなくお盆も迫ってきます。当院も夏休みを頂きます。
夏休み前後は予約状況もかなりきつめで急な患者様は受け入れるのが困難な状況になっております。
ぎりぎりの中でお痛みがある患者様のみ急患を受け入れておりますが、休み前だからか連日いらっしゃるのが現実です。
そんな中、日々変わらずジルコニアの印象やインプラントの上部構造の製作があります。
この前執筆した歯科医療にも書きましたが、当院ではインプラント上部構造でもジルコニアを使う症例が非常に多いのが現状です。
トラブルもメタルボンドの頃よりも少ないくらいで推移しております。
ポーセレンを使う以上は咬合関係に気を遣うことは必須となって来ますが、守ることさえしっかり行えば大丈夫だろうという感覚です。
インプラントオペや大きな補綴治療はすべて夏休み以降に回しておりますのでそれまでは休み直前までのセットに追われます。
しっかりとしたものを正確に装着していきたいと思います。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

178