今日も明日も朝からインプラントオペ おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
今日は朝から静脈内鎮静法を用いたインプラント手術でした。
施術内容自体は特別なものではなく2本のインプラントを数十分で植える程度のものです。
歯科治療全般に対して恐怖心のある方、ご心配のある方等に静脈内鎮静法はうってつけの方法となります。
当院では、私の妻が歯科麻酔学会認定医なので、インプラント手術の方の場合基本的に無料で行わせて頂いております。
妻が他院で行う場合最低5万円以上はかかる内容となります。
当院では、インプラント治療に伴うCT撮影も無料となります。
これも設備がない医院では外注で数万円かかってしまいますし、時間もかかりますが当院では院内で常時撮影可能です。
度々申し上げていることですが、インプラント治療はCTの診断が必須です。CTを持っている医院で治療を受けることが大切です。
CTを持っているということはそれなりの気概を歯科治療に持っているからこそ出来ることです。
一度CTを持ってしまうと通常のレントゲンはいったい何が見えているのだろうと思ってしまうくらいです。
私もCT無しで数百本のインプラントを植立してきましたが今では恐ろしくてできません。
術後のCT診断も行わないと不安です。外に依頼する医院で術後のCT撮影や経過観察の撮影はまず行われないと思います。
治療はやって終わりではありません。
処置が終わってからが本当の始まりです。永く健康にお使い頂くためには経過観察ということはとても大事になります。
明日も朝からインプラントオペです。明日はサイナスリフトを伴うケースでやはり静脈内鎮静法を行います。
CGFを用いて行う予定です。CGFを用いた症例の予後も良好です。
医学は進歩について行かないといけません。日進月歩の世界です。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

326