CTとインプラント治療 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。横浜市港南区上大岡のおいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です。
今日は大学の同級生たちと久しぶりのゴルフでした。30歳を過ぎてから始めたゴルフなのでお世辞にも上手いものではないのですが、気心知れた友人たちと共に過ごす時間は良い物ですね。
明日からの仕事に向けてリフレッシュできました。
さて、昨日は午前午後とインプラント手術もあり、だいぶ濃い一日でした。
インプラントは顎の骨で固定を得ます。従って、骨の量や質というものはとても大切なものになります。しかし、その上にある歯肉の状況もインプラントの予後を決める大きな要因となります。
骨の状況を見るにはCTが必須になります。
骨の量や形態が正確に分かっていることで、その上の軟組織の扱い方を適切に行えば可及的に小さな傷でインプラントを植えることが出来ます。結果、痛みや腫れもほとんど出ません。
今週も数件のインプラント手術が入っていますが、全てCTで精密に診査をしてあります。
来週の日曜は国際フォーラムでの勉強会があります。私たちのスタディグループが主催です。来て頂ける先生方にとって得るものが多い会にしたいと思います。
急に寒い日々が続いていますが、皆様お身体御自愛ください。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

202