クラウンレングスニングと歯根破折 おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~

こんばんは。おいかわ歯科クリニック~横浜インプラントセンター上大岡~老川です
まもなく七夕。梅雨明けも迫ってきているようです。
日曜日に妻と子供が妻の実家から帰ってきまして、家族3人の生活が始まりました。
ここ最近は一人だったのでなんだか変な感じです。
さて、今日は朝から歯周外科手術でした。今日のオペはクラウンレングスニング(歯冠長延長術)です。
根管治療を終えたのですが、ご自身の歯が歯肉の上にほとんど残っていないため行った歯周外科手術です。
クラウンレングスニングを行わずコアを立て、クラウンを被せると歯根破折のリスクが高まります。
今日新患でお越し頂いた方が見事に歯根破折でした。
我々はできるだけ避けたい状況です。
残根にメタルコアを立てる歯科医院もまだまだ世の中にたくさんあるようですが、歯科医師として、できるだけのことはしていくべきだろうと思っています。
では、明日も笑顔と感謝の気持ちを忘れずに前向きに過ごしたいと思います。
歯科医師 ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医) 老川秀紀


インプラントについて / 未分類

783